Christus und die Samariterin – キリストとサマリアの女

ヨハネによる福音書4章4節-42節を朗読用に物語的に作られた作品であり、聖書的な注釈は含んでいません。10世紀にReichneauあたりで成立したとされ、南ラインフランク語とアレマン語が混ざったテキストとなっています。


Wien, Österreichische Nationalbibliothek, Cod. 515: 5r

底本(Braune:1962, S.136)

Lesen uuir, thaz fuori      ther heiliant fartmuodi.
我々は読まん、その救世主が旅をしており、旅路に疲れていたと。

ze untarne, uuizzun thaz,    er zeinen brunnon kisaz.
我々は知る、昼に彼が井戸に座していたと。

Quam fone Samario    ein quena sario
直ちにソマリアの一人の女性がやってきた

scephan thaz uuazzer:    thanna noh so saz er.
水を汲みに: その時、未だ、彼はそこに座っていた。

(Uuurbon sina thegana    be sina lipleita):
(彼の弟子らは、彼に糧を求めてさまよっていた):

Bat er sih ketrencan      daz uuip, thaz ther thara quam.
彼はその女性に水を飲ませるように頼んだ、そこへ来たその女性に。

"Bi uuaz kerost thu, guot man,    daz ich thir geba trinkan?
「何故にあなたは求めるのですが、善き人よ、私があなたに飲み物を与える事を?

ia ne niezant, uuizze Christ,    thie Iudon unsera uuist."
いかなる時も、確かですが、ユダヤの人らは我々の糧を使うことはありませんのに。」

"Uuip, obe thu uuis sis,    uuielih gotes gift ist,
「女性よ、もしお前が神の贈り物がなんたるかを知っていれば、

unte den ercantis,    mit themo do kosotis
そしてお前が共に語る者を知っているのであれば、

tu batis dir unnen     sines kecprunnen."
お前は私に頼むであろう、お前に生ける水を汲むことを。」

"Disiu buzza ist so tiuf, ze dero ich heimina liuf,
「ここの井戸はとても深いです。そこへ私は家よりやってきましたが、

noh tu ne habis kiscirres,    daz thu thes kiscephes:
あなたは水を汲むための器を持っていません:

uuar maht thu, guot man,    neman quecprunnan?
どこよりあなたは、善き人よ、生ける水を汲んでくるのでしょうか?

Ne bistu liuten kelop     mer than Iacob.
あなたはヤコブ程に人々に知られていません。

ther gab uns thesan brunnan,    tranc er nan ioh sina man:
彼は私達にこの井戸を与えて、そして彼はそれを彼と彼の人に飲ませました:

siniu smalenozzer     thaz uuazzer."
彼の羊らは、この水を飲みました。」

"Ther trinkit thiz uuazzer,    be demo thurstit inan mer,
「この水を飲む者は、それを更に渇望するようになる。

der afar trinchit daz min,     then laziz der durst sin:
しかし私のそれを飲むものは、その者の渇きを失わせるのだ:

iz sprangot imo’n pruston     in euuon mit luston."
それはその者の胸に内に永遠に喜びとともに湧き出る。」

"Herro, ih thicho ze dir,     thaz uuazzer gabist du mir,
「主よ、私はあなたに懇願致します、この水をあなたが私に与えてくださいますよう、

daz ich mer ubar tac     ne liufi hera durstac."
そうして私はもはや日々ここへ渇きで来ることはなくなりますのに。」

"Uuib, tu dih anneuuert,     hole hera dinen uuirt."
「女性よ、急ぎここへお前の主人を連れてきなさい。」

siu quat, sus libiti,     commen ne hebiti.
彼女は言った、そのように暮らしていると、主人はいないと、

"Uueiz ih, daz du uuar segist,      daz du commen ne hebist.
「私は知っている、お前が確かに、主人をもってないということを。

du hebistos er finfe     dir zi uolliste.
お前はかつて5人をお前のそばに置いていた。

des mahttu sichure sin:     nu hebist enin der nis din."
お前は確信できる: 今の一人の彼はお前のものではないということを。」

"Herro, in thir uuigit scin,    daz thu maht forsago sin:
「主よ、あなたの下で明らかとされています、あなたが預言者たらんことを:

for uns er giborana    betoton hiar in berega,
我々より前に先にお生まれになり、ここの丘でお祈りになられていた、

Unser altmaga     suohton hia genada:
私達の祖先らは、ここで恵みをお探しになられていました:

thoh ir sagant kicorana    thia bita in Hierosolima".
しかしあなた方は言っています、選ばれたその(祈りの)地はエルサレムであると。」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す