Die Straßburger Eide – ストラスブールの誓い

概要

ストラスブールの誓い(フランス語: les serments de Strasbourg、ドイツ語: die Straßburger Eide)は、842年に西フランク王国国王シャルル2世“禿頭王”と東フランク王国国王ルートヴィヒ2世“ドイツ人王”によって結ばれた同盟である。
シャルルとルートヴィヒが協力して長兄ロタール1世に対抗することを誓約した。
フランク族の歴史家ニタール(Nithard)が残した『ルイ敬虔王の息子たちの歴史』(”Histoire des fils de Louis le Pieux” )によると、両王はラテン語でも自国の言語でもなく、お互いに相手国の言語を用いて兵の前で宣言し、両国の兵はそれぞれ自国の言語で誓いを行った。これは、この頃までにカロリング朝フランク王国が東西に分裂した証拠と考えられてきた。
本文は古高ドイツ語で記されたものと、古フランス語の祖となるロマンス語で記されたものがある。前文はそれらの2言語のほか、ラテン語でも残っている。ロマンス語で記されたものは、ラテン語とは明確に異なるそれの最古の文書であり、最古のフランス語の文書と言われることもある。
ストラスブールの誓い – Wikipedia


Nithardus, De dissensionibus filiorum Hludovici Pii libri quatuor (1-18r). Flodoardus Remensis,Annales (19v-46v). Nithardus (0800?-0844). Auteur du texte

日本語訳

神の寵愛と、キリストの民並びに我ら両者の救済において、この日より先、神が我に叡智と力を与える限り、人が兄弟を当然のように守るが如く、我は我の兄弟を守るものである。
兄弟が我に同じように、また我がロータルと兄弟を害するような関係を持たぬ限りにおいて。

もしカールがルートヴィヒと結んだ誓いを守り、そして我が主、ルートヴィヒがそれを破る場合には、我も、我がその反故を思いとどまらせられる者らは皆、カールと敵対し、そしてルートヴィヒを助けることはない。

Ahd対訳

底本: Braune(1962, S.56f)。


In godes minna ind in thes christânes folches ind unsêr bêdhero gehaltnissî,
神の寵愛と、キリストの民並びに我ら両者の救済において、
fon thesemo dage frammordes,
この日より先、
sô fram sô mir got geuuizci indi mahd furgibit,
神が我に叡智と力を与えん限りにおいて、
sô haldih thesan mînan bruodher,
我はこの我が兄弟を守ろうぞ、
sôso man mit rehtu sînan bruodher scal,
人が当然とし、兄弟を守るが如く。
in thiu thaz er mig sô sama duo,
彼が我に同じように行う限り、
indi mit Ludheren in nohheinu thing ne gegango,
そして我がロータルと何ら関係を持たぬ限り、
the mînan uuillon imo ce scadhen uuerdhên.
我の意思により彼を害するような(関係)を。

Oba Karl then eid, then er sînemo bruodher Ludhuuuîge gesuor, geleistit,
もしカールが、彼の兄弟であるルートヴィヒと誓ったその誓いを守り、
indi Ludhuuuîg mîn hêrro then er imo gesuor forbrihchit,
そしてルートヴィヒ、我が主、彼が彼に誓ったそれを破るのであれば、
ob ih inan es iruuenden ne mag:
(そして)もし私が彼のそれを妨げる事ができなければ:
noh ih noh thero nohhein, then ich es iruuenden mag,
私も、私がそれを妨げられる何人たりとも、
uuidhar Karle imo ce follusti ne uuirdhit.
カールに対して、彼(=ルートヴィヒ)の助けとはならない。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す