FRÆNKISCHES GEBET – フランク語の祈り

レーゲンスブルクでラインフランク方言によっておそらく789-821年の間に記された祈祷文の一つです。Ahd.の文の下にラテン語の文が合せて記されています。一部分でバイエルン方言(galaupun等)も用いられています。

底本:Braune(1962, S.37)

Truhtin gôd, thu mir hilp indi forgip mir gauuitzi indi gôdan galaupun, thina minan indi rehtan uuilleon, heili indi gasunti indi thina guodun huldi.

主たる神よ、あなたは私をお救いくださいますように、そして私にお与えください。叡智と良き信仰を、あなたの愛と正しき意思を、救いをそして健康とあなたの良き寵愛を。


Allemagne, Munich, Bayerische Staatsbibliothek, Clm 14468, 110r.

Allemagne, Munich, Bayerische Staatsbibliothek, Clm 14468

SNSでもご購読できます。

コメントを残す