Eidenformeln

Der Priestereid – 司祭の誓い

底本:Braune(1962, S.57)

De sacramentis episcopis qui ordinandi sunt ab eis.
Daz ih dir hold1Nhd: treu pin . N. demo piscophe . so mi | no chrephti . enti mino chunsti sint . si mi | nan vuillun . fruma frûmenti enti scadun | vuententi . kahorich2Nhd: gehorsam, folgsam. . enti kahengig3nachgiebig, fügssam . enti | statig . in sinemo piscophtuome4Nhd: Diözese . so ih mit rehto aphter canone scal.

続きを読む

Die Straßburger Eide – ストラスブールの誓い

概要

ストラスブールの誓い(フランス語: les serments de Strasbourg、ドイツ語: die Straßburger Eide)は、842年に西フランク王国国王シャルル2世“禿頭王”と東フランク王国国王ルートヴィヒ2世“ドイツ人王”によって結ばれた同盟である。
シャルルとルートヴィヒが協力して長兄ロタール1世に対抗することを誓約した。
フランク族の歴史家ニタール(Nithard)が残した『ルイ敬虔王の息子たちの歴史』(”Histoire des fils de Louis le Pieux” )によると、両王はラテン語でも自国の言語でもなく、お互いに相手国の言語を用いて兵の前で宣言し、両国の兵はそれぞれ自国の言語で誓いを行った。これは、この頃までにカロリング朝フランク王国が東西に分裂した証拠と考えられてきた。
本文は古高ドイツ語で記されたものと、古フランス語の祖となるロマンス語で記されたものがある。前文はそれらの2言語のほか、ラテン語でも残っている。ロマンス語で記されたものは、ラテン語とは明確に異なるそれの最古の文書であり、最古のフランス語の文書と言われることもある。
ストラスブールの誓い – Wikipedia


Nithardus, De dissensionibus filiorum Hludovici Pii libri quatuor (1-18r). Flodoardus Remensis,Annales (19v-46v). Nithardus (0800?-0844). Auteur du texte

日本語訳

神の寵愛と、キリストの民並びに我ら両者の救済において、この日より先、神が我に叡智と力を与える限り、人が兄弟を当然のように守るが如く、我は我の兄弟を守るものである。
兄弟が我に同じように、また我がロータルと兄弟を害するような関係を持たぬ限りにおいて。

もしカールがルートヴィヒと結んだ誓いを守り、そして我が主、ルートヴィヒがそれを破る場合には、我も、我がその反故を思いとどまらせられる者らは皆、カールと敵対し、そしてルートヴィヒを助けることはない。

続きを読む