[Nhd] 無冠詞 男性弱変化名詞の形容詞変化

男性弱変化名詞…というのは皆さんご存知だと思います。

der Name, der Vorname, der Nachname,
der Aschenbecher, der Franzose, der Junge,
der Kollege, der Kunde, der Mensch,
der Nachbar, der Philosoph, der Polizist,
der Tourist, der Christ, der Gedanke,
der Herr, der Patient, der Soldat,
der Student, der Affe, der Löwe,
der Held, der Präsident, などなど
意外と基礎単語に多いですよね。

この男性弱変化名詞、無冠詞の場合の付加語的形容詞の語尾変化を意識したことがありますか?
普通の強変化(starke Deklination)だろう、と思ってませんか?
実は2格の場合の変化が違うんです。普通の強変化は-enですが、男性弱変化名詞は-esなんです。
びっくりですね。

MannName
N.guter Mannguter Name
G.guten Mannesgutes Namen
D.gutem Mann(e)gutem Namen
A.guten Mannguten Namen

このようになった理由の一つですが、
昔のドイツ語(fnhd.?)までは男性・中性名詞の2格の形容詞語尾変化は-esでした。
名詞の方の語尾に-(e)sがついてるから別にいいだろう…ということで形容詞の方は-enに変えられました。
しかし弱変化名詞の場合は名詞の語尾に-enがついて-esがつけられなかったのでそのまま形容詞の方に-esが残りました。

取るに足らないような事ですが、こういう細かな部分でも気をつけられるといいですね・ω・

SNSでもご購読できます。

コメントを残す