[Nhd] mögenを「~が好きだ」の用法で使う注意点

(私の昔のNoteからそのまま引っ越してきた記事です。)

mögenを「~が好きだ」の意味(つまり本動詞:Vollverbとして用いる際)で一緒に用いれる語というのは基本的に「名詞」ですが、この名詞は、動詞がそのまま名詞化した(動詞と同じ語形の)名詞「schwimmen > Schwimmen, tanzen > Tanzen」や、動詞の不定形と結ぶことはできません。

(ただし定冠詞を用いたり、Essen「料理」などの「~すること」の意が薄れた語は別ですが。)
・Ich mag Musik/Filme/Comics.
・Ich mag das Schwimmen. / das Lesen./ das Tanzen.
・*Ich mag Schwimmen(名詞)./ schwimmen(動詞不定形).

また、これに類して例えば
・Ich mag Klavier spielen.
のような文も「~が好きだ」と述べたい場合、厳密には誤用となります。
 mögenを動詞の不定形の組み合わせで用いると、mögenは助動詞であり
「~かもしれない、~してもよい、~したい」
といった意味として捉えられかねません。(もちろん、コンテキストによります。)
・Ich mag schwimmen. 「泳ぎたい」 ≈ Ich möchte schwimmen.
・Ich mag Klavier spielen. 「ピアノを弾きたい」 ≈ Ich möchte Klavier spielen.
・Ich mag das Russische lernen. 「ロシア語を勉強したい」 ≈ Ich möchte das Russische lernen.

 しかし規則上はそうなっていますが、実際には上記のような文が頻繁に見受けられるため、
果たしてこれらのような表現
・Ich mag Schwimmen/schwimmen. 「水泳が好きだ」
・Ich mag Schlafen/schlafen. 「寝るのが好きだ」
・Ich mag Klavier spielen. 「ピアノを弾くのが好きだ」
は許されないのかどうかの線引が非常に難しいものとなっています。そのため、ネイティブの間でも論争の種になることがあります。(子供語という意見も)
 ドイツ語の教科書でもこのような表現を用いている事が多々あるので、この用法の細かい問題を(主に初級)の学習者が気にする必要は正直無いと個人的には思います。GoetheのSchreibenでも減点されないのではないでしょうか。

 では「~することが好きだ」という文を書きたい場合にどうすればよいでしょうか。一般的にはgern(e)を使うのがベストであり、無駄な誤解を避ける事ができます。
・Ich schwimme gern(e). 「水泳(泳ぐこと)が好きだ」
・Ich spiele gerne Klavier. 「ピアノを弾くのが好きだ」

 また、いわゆるzu不定句を用いるとmögenを使って表す事が可能になります。
・Ich mag es, zu schwimmen. 「泳ぐ事が好きだ」
・Ich mag es, Klavier zu spielen. 「ピアノを弾くのが好きだ」

その他にs. Gefallenを用いた表現もできます。
・Ich finde Gefallen daran, Klavier zu spielen. 「私はピアノを弾くことを好ましく思う= ピアノを弾くのが好きだ」


 但しこれは平叙文の場合であって、疑問文の場合には「~することが好きですか?」の意味で動詞の不定形と結ぶとことが可能となります。
・Magst du schwimmen? 「泳ぐのが好き?」
・Magst du Klavier spielen? 「ピアノを弾くのが好き?」
・Magst du das Russische lernen? 「ロシア語の勉強は好き?」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す