DebianにStrongHands wallet(Cli版)の導入と移行

導入環境

今回はGoogle Cloud Engineのf1-microインスタンス上でDebian 9 64bitを使用しました。
f1-microインスタンスは特定の条件下では無料で使用できるので、おすすめデス。
Google Cloud Platformの無料枠についてはGoogle Cloud Platform の無料枠のページに書いてます。
ただ、フリートライアルのアカウントでは仮想通貨のマイニングが明確に禁止されています。PoSマイニングが含まれているかどうかは知りませんが、フリートライアルのアカウントで試めそうとしている方はアカウントをアップグレードしておきましょう。

2. Limitations. During the Free Trial:

2.2 Customer may not use the Services to engage in mining cryptocurrency;

https://cloud.google.com/terms/free-trial/

makeに際してf1-microではメインメモリが512mbで足りないので、swapを有効にしておいて下さい。

walletの導入

まずは必要なパッケージをインストールしておきます。

$ sudo apt-get install ntp git build-essential libssl-dev libdb-dev\
 libdb++-dev libqrencode-dev libboost-dev qt5-default qt5-qmake libprotoc-dev libprotobuf-dev\
 libpng-dev qrencode libqrencode-dev qttools5-dev-tools libboost-all-dev libminiupnpc-dev -y
$ sudo apt-get install libssl1.0-dev -y

次に一応shnd専用ユーザーを作成しておきます。

$ sudo adduser --disabled-login --gecos 'SHND' shnd

shndユーザーに変えてgithubからwalletのソースコードを取ってきて、ビルドします。
f1-micro上でmakeすると時間が凄くかかるので高スペックのプリエンプティブインスタンスを立ててさくっとmakeしてから、できたものをf1-microに送るのがいいかもしれませんね。
n1-standard-4だとインスタンス立ててmake終了まで10分かかりません。

$ sudo su - shnd
$ git clone https://github.com/bumbacoin/stronghands.git shnd
$ cd shnd/src
$ make -f makefile.unix

今回makeしたのをとりあえず置いておきますね。
stronghandsd_builded_on_debian_9.rar PW:StrongHands
md5: 473bd34317580d741168c67df76fbc47

makeが終わったら同ディレクトリにstronghandsdが作成されたと思います。これがwallet本体になります。ホームディレクトリに移動させて一旦起動して設定フォルダを作成させます。

$ mv stronghandsd ~/
$ cd ~
$ ./stronghands

Ctrl+Cを押して一旦終了させます。

他walletからデータを移行

新しくwalletを作ってそこにshndを送金しては成熟期間が無駄になるのでdatファイルを使って移行してしまいます。
qt版のwalletを使ってる方はFile -> Backup Walletからwalletのバックアップdatを作成できます。

さっき一旦起動して終了させたことでホームディレクトリに.stronghandsという隠しフォルダができたと思います。
この中に入ってるwallet.datがwalletデータなので、さっきバックアップをとったdatファイルをこれにコピーします。

$ mv backup.dat .stronghands/wallet.dat

あとは

$ ./stronghandsd -daemon

これで放置するだけです!

Pos Mining

walletを起動させているだけではpos mimingは出来ません。
walletのunlockとgenerateをtrueにする必要があります。

$ ./stronghands walletpassphrase passphrase 1608201813
$ ./stronghands setgenerate true

とでもしておきましょう。

getmininginfoでgenerateがtrue, hashespersecが0以外ならOKです。

使いそうなオプション

使用しそうなstronghandsdのオプション項目を書いておきます。
https://pastebin.com/aehvg6GR

その他のオプションは
https://en.bitcoin.it/wiki/Original_Bitcoin_client/API_calls_list
を参考にして下さい。

最後に

f1-microインスタンスだとメモリは余裕がありますがcpu使用率が100%近くに張り付くので、同インスタンスで別通貨のPoSマイニング等は厳しいですね。

[template id=”342″]

SNSでもご購読できます。

コメントを残す