Lorscher Bienensegen – ロルシュの蜜蜂の呪文

 Lorscher Bienensegen(ロルシュの蜜蜂の呪文)は9世紀に作成されてたとされる写本、Vatikan, Biblioteca Apostolica Vaticana, Pal. lat. 220の58rに10世紀にラインフランク方言で逆さに記された呪文と推定されています。養蜂の際に飛んで行った蜜蜂を呼び戻す内容の呪文です。(多分)

底本:Braune(1962, S.89)

Kirst, imbi1imbi: st.M. Bienenschwarm ist hucze!      nu fluic du, uihu minaz, hera
fridu frono in godes munt2munt: st.F. Hand, Schutz      heim zi comonne3ze comonne: ze + 動名詞 gisunt.
sizi, sizi, bina:      inbot dir sancte maria.
hurolob ni habe du:      zi holce ni fluc du,
5.noh du mir nindrinnes4否定接辞:n + intrinnen.
intrinnen: st.V. entfliehen, entrinnen.
,      noh du mir nintuuinnest5否定接辞:n + intwinnan.
intwinnan: st.V. entweichen.
.
sizi uilu stillo,      vuirki godes uuillon.


Vatikan, Biblioteca Apostolica Vaticana, Pal. lat. 220 Homiletische Sammelhandschrift, 58r.

続きを読む

Augsburger Gebet – アウクスブルクの祈り

ラテン語で書かれた祈りの文の下に、ラインフランク方言で脚韻を用いて翻訳、記述されています。

底本: Braune(1962, S.131)
Got, thir eigenhaf ist,      thaz io genathih bist,
Intfaa gebet unsar,      thes bethurfun uuir sar,
thaz uns thio ketinun      bindent thero sundun,
thinero mildo      genad intbinde haldo.


München, Bayerische Staatsbibliothek — Clm 3851:1a

続きを読む

Petruslied – ペテロの歌

大凡9-10世紀に記された古バイエルン語の聖歌です。3つの詩からなる脚韻詩であり、マタイによる福音書16章18-19節あたりの内容が元になっているとされています。
8節目のdaz er uns firtanen giuuerdo ginaden
はオトフリートの福音書、第1巻7章28節と同様の文ですが、定型句としてその時代に存在したのか、この詩の書記がオトフリートの福音書から引用したのか、それともオトフリートがこれを引用したのかどうかの証明は未だにされていません。

この歌でドイツ語では初めての「キリエ・エレイソン」という文言が用いられています。

ちなみに、LudwigsliedのV.48に
Ioh alle saman sungun: "Kyrrieleison."
「そして皆同く歌った: "Kyrrielesion"と」
とありますが、このKyrrieleisonがこのペテロの歌であった可能性が指摘されています。


(Schlussseite der Hss. Clm 6260, 158v mit dem Petruslied am unteren Ende)
Petruslied – Wikipedia

続きを読む

Das Wassobrunner Gebet – ヴェッソブルンの祈り

底本(Braune:1962, S.85f.)

Das Wassobrunner Gebet

De Poeta.

Dat gafregin ih mit firahim     firiuuizzo meista,
Dat ero ni uuas     noh ufhimil,
noh paum …     noh pereg ni uuas,
ni …1校訂によってはsterro(星々)が補われている場合もあり。 nohheinig     noh sunna ni scein,
5.noh mano ni liuhta,     noh der mareo seo.
Do dar niuuiht ni uuas     enteo ni uuenteo,
enti do uuas der eino     almahtico cot,
manno miltisto,     enti dar uuarun auh manake mit inan
cootlihhe geista.     enti cot heilac …
10.    Cot almahtico, du himil enti erda gauuorahtos, enti du mannun so manac coot forgapi, forgip mir in dino ganada rehta galaupa enti cotan uuilleon, uuistom enti spahida einti craft, tiuflun za uuidarstantanne enti arc za piuuisanne enti dinan uuilleon za gauurchanne.


BSB Clm 22053, [S.l.] Süddeutschland, Bistum Augsburg, vor und um 814 [BSB-Hss Clm 22053]: 65v-66r

続きを読む

Basler Rezepte – Baslerの処方箋

 東フランク方言で記された恐らくドイツ語最古の処方箋です。若干、古ザクセン語的な側面も含んでおり、9世紀にフルダで記されたものとされています。
 初めは熱に対しての処方箋であり、まずラテン語で記された後にドイツ語でその内容と補足が書かれています。
 2番目の処方箋(写本の下部)では癌に対しての処方箋が記されています。
 研究者によっては前半の熱に対しての処方箋を2つに分けていることもあります。


Basel, Universitätsbibliothek, F III 15a: 17r.

続きを読む

[Nhd] 定関係代名詞のwelch

定関係代名詞といえばder,die,das,die(Pl.)ですが、welchも使用することが出来ます。
welcher,welche,welchesですね。
あまり見かけることはないと思います。普通は用いりません。
基本は同一の定関係代名詞の反復を避ける為や、der,die,das,dieが多いなあって思った時に用いられます。

続きを読む

[Nhd] 二重完了文 Doppeltes Perfekt/Doppeltes Plusquamperfekt

今回は二重完了文(Doppeltes Perfekt, Ultra-Perfekt, Perfekt-Dopplung usw.)のお話です。二重過去完了文(Doppeltes Plusquamperfekt)もあります。まあドイツ語に二重完了ってあんの?マジで?って言う文法家も存在しますが
標準ドイツ語(Standarddeutsch)の話ではありませんが、日常語(Umgangssprache)以下の言語相で認められている事がある文法です。
続きを読む

[Nhd] dreißigとdreizig

zwanzig, dreißig, vierzig, fünfzig, sechzig, siebzig, achtzig, neunzig…
20,40~90は基数詞 + -zigなのに、なぜ30はdreißig, -ßigなのでしょうか。
不思議ですね。
dreizigにしておいてくれたら覚える時に楽なのに。

続きを読む